本文へ移動

充実のサポート体制

勉強会など技術移転サポート

 母国での日本語学習を経て、雇用開始一ヶ月前から当団体で集中できる環境の中での講習を行い、日本語能力を向上させます。日本語能力向上だけではなく、普段では理解し得ない日本でのモラルやマナーの学習を日本人指導員による日本語とインドネシア語を交えて理解を深めさせています。
 また、技術的な学習意欲を継続させるため、ご要望により定期的な勉強会を開きます。こういった取り組みが技術向上にも繋がり当団体の強みでもあります。

当団体職員による通訳サポート

 組合職員(日本人)がインドネシア語を話すことができ、技能実習生と受入企業様のフォロー体制を整えています。
 また、インドネシア語と日本語のニュアンスや感覚の違いを減らし、技能実習生と受け入れ企業様が円滑なコミュニケーションを図れるように、この業界で何よりも大切な「日本人目線としてのインドネシア語」という日本人側に立ったインドネシア語を活用し、指導担当者様との専門的な日本語での勉強会や、面談などをスムーズに行うため、組合職員による通訳者が対応にあたります。

入国管理局等への書類提出サポート

 外国語での雇用契約書や雇用条件書の他にも、認定証明、移行希望、期間更新、法的な英語書類やインドネシア語書類など在留許可申請に係る様々な書類がありますが、そのほとんどを当組合でサポートさせていただきます。
 当組合では監理団体としてのコンプライアンス遵守を重視しており、受入企業様から労務関係の相談も受け付けておりますので、お気軽にご相談下さい。

緊密な送り出し機関との連携サポート

 母国で教えていた送り出し機関の先生たちが、実習生との疎通を頻繁に行い、問題点をあぶり出します。母国の先生の多くは元技能実習生だったこともあり、自分自身の困難や問題などに対する経験則が技能実習生にとっては非常に頼れる存在でもあります。その他には両親との間に入り家族会等を開催し、技能実習生の向上心のために一役買っていただいています。

優秀な人材のマッチング

 受け入れにあたりご要望に応じた人材からの応募を探し、現地での面接、又はインターネットを介しての面接を行います。優秀な人材を選ぶため、書類審査のみならず、適性検査をするなど、技能実習をより深く理解できる資質のあるものとマッチングします。
0
0
5
3
3
0
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
アクセス
TOPへ戻る